way2exのブログ

一般&アダルト系を含む小説を書いていきたいと思います。

等価交換儀式

等価交換儀式 始まりの章(最終話)

目が覚めると、隣に若い可愛い女の子が、座っていた。
「ワシと同じで、歪の世界に飲み込まれおって、こんな姿だが、ワシが誰だか分るじゃろ」
女の子にしては、おかしな言葉使いであり、違和感を感じた。

続きを読む

等価交換儀式 始まりの章(18)

「いや~~~! 本当に、あたしの身体を通して、向こう側が見えるよぉ」

こんな、怪現象は、呪術によるもの以外は、考えられない。

「儀式を2回繰り返し続けていないのに、なぜ? 儀式と儀式の間隔が短かったのかな」

そうしている間にも、自分の身体が、痺れて半透明になり浸食される部分が広がっている。

続きを読む

等価交換儀式 始まりの章(17)

玄関で、おとうさんは、あたしを睨んでいた。
「ただいま・・・」
「俊亜季、ちょっと、こっちに来なさい」
「えっ何?」

続きを読む

等価交換儀式 始まりの章(16)

終わりの無いような、あれこれと、全裸でのファッションショーが続いた。

少し寒気を感じて、急にオシッコをしたくなり、我慢できなくなってきた。
「こんな事してる場合じゃないか」
急いで、全裸のままトイレに駆け込んだ
「ふ~、間に合ったぁ~」

続きを読む

等価交換儀式 始まりの章(15)

等価交換儀式の選択肢を決めないと、いけないタイムリミットとして、いつの間にか木曜日が過ぎようとしていた。

続きを読む

等価交換儀式 始まりの章(14)

昼休みになり、いつものメンバーで食事をしてたら・・・
「歩多繁(フタバ)、今晩、暇か?」
清彦が、急に聞いてきた。

続きを読む

等価交換儀式 始まりの章(13)

若葉と誠さんが、妙にベタベタと甘え始めたので、ここに居るのは、無粋というものだど理解して、二人にお礼を言って逃げるように出て行った。

続きを読む

等価交換儀式 始まりの章(12)

等価交換儀式の材料である対象者の髪の毛を集めだした。
歩多繁(フタバ)と若葉の髪の毛が、すごく簡単に入手できてしまい、ついでに、清彦の髪の毛まで、手に入れてしまった。
ここまで来ると、コレクター意識が浮上し、他の人の髪の毛も欲しくなった。

続きを読む

等価交換儀式 始まりの章(11)

翌朝、登校途中で、歩多繁(フタバ)を見つけたので、声をかけてみた。
「歩多繁ぁ、おはよぉ~」
「おはよう。昨日は、ありがとうな! 後で知ったけど、お粥まで作ってくれてたんだね。本当に感謝するよ」
「当然のことだよぉ~、気にしないで!」

続きを読む

等価交換儀式 始まりの章(10)

私達は世間話をしながらリビング戻ってみると、歩多繁が、ふてくされて待っていた。
続きを読む
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:


お気に入りに追加

livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ